2015年12月27日日曜日

ザ・カエルクイズ

年末進行で多忙を極めてエサやりしかできていない状況で、
更新はもちろん水棲連中の濾材交換もできてなくてすみませんすみません。

さて、先日子供のお遊びクラブのクリスマス会がありました。
そこで毎年「出張版・武蔵野水族館クイズ」をやります(やらされます)
毎年、
館長(小生)「あ〜今年こそネタ切れだ〜 お腹痛い〜休ませて〜」
学芸員(子供)「そんなこんじょうのないこといっちゃダメ!おとなでしょ!!」

てなやり取りがあるんですが、なんとかひねり出した今年のネタは「カエル」。
「おまけクイズ」で水増し

これは第二学芸員のクラスから春休みに預かっていたアズマヒキガエル。
可哀想に、教室に戻された途端糞ガキのオモチャにされて衰弱死したとか。
(第二学芸員は未だに怒っております)

さて、クイズに入ります。回答は最後にまとめて掲載します。

当館のシュレーゲルアオガエル「のそのそ」。
(いま、気づいたんですが当館のカエルの命名はすべて第二学芸員がしていました)
 ニホンアカガエルの「アイちゃん」。オタマからの付き合いです。

キオビヤドクガエルの「ててちゃん」(左)と「ててんちゃん」(右)

実は彼には名前がありません。「タイガー」で通ってます。
それだけ個性が強いということか…
 おまけその① 秋口に書いた絵です。

おまけその② 絵ハガキ
子供たちに人気で、刷った枚数だけ確実になくなります。

さて、解答編!
第1問 「シュレーゲル」は人名由来です。
    シーボルトの友人が、日本固有種と特定したついでに学名に自分の名前を入れたとか。
    随分、図々しいオヤジですね。個人的には学名はどうしようもなくても、せめて和名は
    「ニホンアオガエル」にしてあげたいところです。

第2問 背中の側線?です。
    ニホンアカガエルはほぼ平行に二本走っていますが、ヤマアカガエルだとV字状です。

第3問 ③飼育個体からはほぼ毒が抜けております。
    野生個体の毒は餌のアリかダニから摂取・濃縮してるようです。
    とはいえ素手で触ったあとビリビリするので最低限の刺激物は出しているでしょうから
    油断は禁物です。

おまけクイズ 答えは「みず」。足し水していたらつっこんできました。
       本当に意地汚いですね。「ゆび」も間違っていませんが、「とんでもない」
       にはいたらないので△とさせて頂きました。

以上、クリスマス会では大いに盛り上がりましたが、
お楽しみいただけましたでしょうか?

3 件のコメント:

シゲル さんのコメント...

> 素手で触ったあとビリビリするので
けっこう凄いんですね。
うっかり,お目目をこすったら大変なことに。

お子様たちとの楽しいかけあい,
微笑ましいですね。

Kuzure Josipovic さんのコメント...

>シゲルさん
アマガエルも結構強烈だと書いてありました。
全身粘膜状態で外気に晒されていたら「消毒」は必須なんですね。

偶々なのかもしれませんが、ドン引きする親子がいなくて助かります<クイズ

本年は色々お付き合いいただきありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

R さんのコメント...

初めてコメントしますが誤りの訂正なのでお気を悪くしないで下さいね。
シュレーゲルアオガエルはギュンター(Günther, 1858)が記載しています。
なので、ギュンターがシュレーゲルの功績をたたえて彼の名前を付けたことになります。
学名に人名を付けることを献名といいますが、昔も今も、記載者が自分の名前を付けることはまずありません。

シュレーゲルはテミンクらとともに日本産の様々な分類群の生物を記載した一人です。
シーボルトとは友人というより弟子といった感が強いのではないでしょうか。