2016年2月29日月曜日

残念ビバリウム・その2




テプラのとおりでございます。(第二学芸員<10歳>が命名・作成・貼付)
補足すると国産種シュレーゲルアオガエルです。
吸盤系の常として、クリアな外壁は絶望的ですね。

 横から見たところ。ワンルームマンションです、殆ど。

一応「ビバリウム」を名乗っている根拠。ハイゴケが活着してくれました。
前回も書きましたが、色々異論のあるLED照明、当館の植物の光合成には問題はなさそうです。左下に何か気になるものが写っているので拡大。

マダライモリのビバリウムにも生えていた謎のキノコ。
リョウセイルイビバリウムタケ」と今名づけました。
本当は何でしょうね。学芸員たちは
毒あるの?食べたら死ぬの?
館長の試食人体実験を露骨に期待しておりますが当然応じません。

止まり木に落ち着いているところ。この状態だとエサがやりやすいです。
(どんな姿勢でも食べるほどの健啖家ですが)
イエアメガエルほどの迫力はありませんが国産種らしい味わいがあるかと。

【おまけ】
こちらは住人以外には「生きているもの」のない水槽、いってみれば「デスリウム」でしょうか。(なんかデスメタルみたいで格好いいと思う館長)
ニホンアカガエルのアイちゃん、ほぼ生後2年です。体長は4cmほど。もう少し大きくなると思ったのですが。部屋にあわせて大きさが決まるのか…と一瞬思いましたが、
・ウパ
・タイガーサラマンダー
・レッドサラマンダー
・アフリカウシガエル
・ツノガエル
等々、例外が多すぎるので分かりません。とにかく餌はよく食べております。

4 件のコメント:

弦太彦 さんのコメント...

止まり木に落ち着く『のそのそ』さん、良い感じですね~。小憎たらしい顔に愛着わきます。

樹上凄ガエルはガラス面(これはアクリルですかね?)をよく汚しますよね~。致し方なしとは言え、固まった糞を掃除する度、イラっとします(笑)。

ハイゴケ、綺麗に活着してるじゃないですか!
ビバリウムにはドラセナ・コンパクタとクリプタンサスがオススメですよ。どちらも頑健です。
尤も『枯らし魔』さんのパワーを跳ね返せる程頑健かは分かりませんが……(笑)。

sabcy さんのコメント...

twitterでは キノコの生えるビバリウムは 勝ち組、、、と
言われております 勝ち組ですねw
うちの ビバリウムもどきでは キノコはまだ見かけておりません
羨ましいですw

Kuzure Josipovic さんのコメント...

>弦太彦さん
アオガエルは総じて顔に愛想がないような気がします。
水族館でみたモリアオガエルなんかすごい三白眼で、
「ぁに見てんだよぁ!」という強烈な気迫をかんじてしまい、
多少なりとも凄みのないシュレーゲルアオガエルを選択した次第です。
容器はご明察どおりアクリル製です。ハッキリ言ってカエル+苔よりも高価でした。
スペースの問題で何か植える気はない…というか「枯らし魔再降臨!」という事態だけは避けたいものです。

Kuzure Josipovic さんのコメント...

>sabcyさん
キノコが勝ち組!まぁ苔が活着しないと寄生はできないですからね…
専らハイゴケなので、それ専門の種類だとは思うのですが。
学芸員たちはは「もう館長に試食してもらって反応をみれば特定が捗るかも」
と酷いことを言われています…