2016年4月17日日曜日

訃報・ヒョウモントカゲモドキ♀「フヤリー」

…すみません、また死なせてしまいました。
死因は不明ですが直接的には拒食ということになると思います。
年明けに一時的に元気になり、バクバク食べていたのですが、それっきりでして、異常に嫌がられながらもすり潰したハニーワームを溶いたヨーグルトの強制給餌をしていたところでした。
当館にやってきたのは2011年夏で、今年でまる6年となる筈だったですが、導入時点で既に3〜4歳だったらしいので老衰の可能性も否定できません。
(以下注意・3枚目からはグロくはありませんが爬虫類の死体写真です)


導入した時の日記、とにかく「黒目」に第一・第二学芸員が惚れ込んでしまった。


飼育3年目の頃。偏食(ハニーワーム一本槍)なるも、ぷりぷり太って元気。
上は露骨に餌をねだっているところ。

<以下死体写真>
R.I.P.
尻尾が痩せきっています。

 「ペコちゃん」な表情。笑っているようにみえないこともなし。
…最期の最期に剽げてくれたのでしょうか。
 埋めに行った時、静かに泣いている第二学芸員(10)の肩を第一学芸員(13)がそっと撫でておりました。

5 件のコメント:

sabcy さんのコメント...

フヤリーさま お疲れ様でした
ぼくには 安らかなお顔に見えますよ
この死が 学芸員さまがた の成長の糧になった様子。。。 いろんな意味で うらやましくも あります

Kuzure Josipovic さんのコメント...

>>sabcyさん
お悔やみの言葉を頂きまして有難うございます。
老衰だったら良かったのだが、と思う一方、未だに
「何か他にできることはなかったのか…」
と自問自答を繰り返している最中です。

moi さんのコメント...

崩れさんの所で飼育されている生体達はみな、幸せだったと思いますよ。
最後の笑っている様な画像が心に残りました。

学芸員さん達も、生き物を飼育する事によって色々学べていると思います。

Kuzure Josipovic さんのコメント...

>>moiさん
有難うございます。
確かに遺影?は笑顔のようですね。
微笑みつつ逝ったことを祈るばかりです。

シゲル さんのコメント...

お久しぶりです。

フヤリーさん,残念です。
お婿とうまくいかなかったのは,歳の差でしょうか・・・

ここのところ,ブログサボりっぱなしですが,
メンバーは元気にしています。

実は,ハニワが殖えすぎてしまって,困っています。
先週,かんたさんのところに貰っていただきましたが,
まだまだたくさんいます。

もし,需要があるようでしたら,貰っていただけませんか?

shigeru716アットマークジーメールドットコム

に連絡もらえると助かります。