2016年11月28日月曜日

【ハナダイモリ】タフ。

2011年に卵から孵ったハナダイモリですが、今や立派な成体に。
全部で8匹。孵化したのは12匹でしたが、
・原因不明の衰弱死
・第三学芸員(当時1歳)がひっくり返す×2
・館長が間違えてホースで吸う
といったアクシデントを乗り越えてそろそろ満6歳を迎えるタフな面々です。


ちなみに♂も♀もいるのですが、本能で「近親はヤバい」と自覚しているのか産卵は1回こっきり(それも1個・無精卵)でした。


タフといえばこの一匹。右腕がもげています。
なかなか荒っぽい性質で、餌をやるとお互いの腕や脚などへのかぶりつき合いをほぼ毎回やってくれます。 で、こいつだけ小柄(で非力?)なせいか何度も腕がもげることに。
「何度も」と言ったのは館長が知る限りこれが3度めの「ポロリ」だからです。

 真横から。骨だけ残っています。
これが二月も経つと腕が再生する、と。
よくヤモリと混同されるイモリですが、復元力といったら圧倒的にイモリの勝ちですね。

しかし、また再生したらポロリしちゃうんでしょうかね、この個体。
隔離して飼った方がいいのかな…

5 件のコメント:

moi さんのコメント...

お久しぶりです!
ブログ縮小との事で寂しく思いますが、色々日々あると大変ですよね。

ハナダイモリですが、綺麗なイモリで自分も好きです。

それにしても多頭飼育していると同じ子だけがやられるのはあるあるな
お話ですね(笑)

Kuzure Josipovic さんのコメント...

>moiさん
ご無沙汰しておりました。
縮小とはいっても月3回くらいはなんか書こうと思っておりますので、少し楽しみにして頂ければ幸甚です。
次のネタは半年以上怠けていたアカハラ&ハナダの掃除ネタですかね…

>多頭飼育していると同じ子だけがやられるのはあるあるなお話ですね
ちょっとサイズが小さいのが影響していると思われます。

弦太彦 さんのコメント...

御無沙汰しております!

『トカゲの尻尾切り』は一度だけの様ですが、三度もげても無事復活するイモリの再生能力はたいしたものですよね。

うちも、あまりに汚くて紹介できない水槽にアカハラ、シリケン×2、イエアメが居りますが今のところ平和にやっております。

イモリ同士のかぶりつきは無いものの、イエアメがいる以上、いつ事故が起こってもおかしくないかもしれません。

サイズ的に今のところ問題は起きていませんが、いずれ蛙種隔離政策を実行しなければいけないかもしれませんね。

Kuzure Josipovic さんのコメント...

>弦太彦さん
お久しぶりです。
イエアメとなると噛み付くというよりも「丸呑み」というイメージがありますね。
飼ったことがないので何とも申し上げようがないですが、いきなり何かやらかすのが両生類・爬虫類なのでリスク回避のためにも別居をされた方が良いかもしれませんね。

…忘年会でもやりましょうか。

弦太彦 さんのコメント...

>崩れさま

お、忘年会いいですね。
実生活で周りに同好の士がいませんので……。

年末が厳しそうなら、新年会含め検討しましょう!