2016年12月31日土曜日

大晦日もやっぱりこのネタ…

今年は(も)訃報が出たり、規模縮小があったりで当館としては何というか後ろ向きな1年でした。更新もすっかり少なくなってしまい… 調子がいいと動かないしスキンシップはよくないので産卵とかない限り書くことがどんどん目減りしていくんですよねこのたぐいの動物は。他所様のBlogも1ヶ月以上更新なしが随分増えたのには大きく頷けるものがあります。

いや、フトアゴヒゲトカゲのキロが便秘でして、この夏からウ●コをしている姿を見てませんでした。そこで、ぬるま湯につけることにしました。こうすると高確率でウ●コしてくれます。
注:この後ウ●コの写真が出てきます。食事中や潔癖症の方は閲覧を継続するか否か各自判断して下さい。
名前の通り黄色の色変個体です。尻尾がハミ出しています。以前に比べて一回り大きくなったような気が。

珍しくも水を飲んでいました。(普段は餌から間接的に摂取)
…水皿を置いてやることにしますか。一度置いたら便器にされた苦い思い出がありますが(笑)

結局、出すべきものは出ず、10分くらい浸かった後にダッシュでよじ登られました。
「体拭かせろよ!」と叫びつつも脱走せずにくっついてきたのはちょっと嬉しいですな。
「大丈夫かなぁ。獣医さんに見せたほうが良いかな」と考えてしまいましたが、ケージの掃除をしようとシェルターを動かしたら …ありました。でっかいのが。乾きぐらいから見て2、3日前に出されたものと思われます。これでひと安心 。

一方、「トイレを用意してやらないと出さない」と厄介な性質のレッドサラマンダー、「デブ1号」(2号は逝去)。水の中で糞をするのですが、ならばと水槽に池を設置してあげてもちっとも入らず腹回りがどんどん増していくという何だよこいつな個性の持ち主です。
冷温を好むので、水温は水道のまま(10℃前後)で問題なし。

…って出すの早すぎ!左上だけでなく左脚の付け根にもさり気なく、合計2本出しました。あまり浸けておくと調子を崩すらしいので(この種はあまり水に入らない)、急ぎ撤収。

便秘と反対でまるで「ウ●コ製造機」なのがクサガメ「クロちゃん」。あげた餌の分だけ律儀に排出してくれます。下の写真は一見何もなさそうですが… 

シェルターを起こすとこの通り。「掃除する→餌をやる→ウ●コ出る」のサイクルはわずか2日程度。一度投げ込み式フィルターを入れたのですがあっと言う間に真っ茶色になったので諦めて都度水替えすることにしました。
→電動ポンプでウ●コごと汚水を吸い出し、新しい水をバケツでドッカン!カメは頑丈なので全然意に介さずその間も人影を認識したときの「エサくれダンス」を続けています。

あとはアカハラ・ハナダ・魚の水槽交換をやりたかったけれど休日ゴロゴロしてばかりいたらついに年の瀬を迎えてしまいました…
来年は(一部)新装して皆様をお迎えしたいと思います。本年はお付き合い頂きましてありがとうございました。

0 件のコメント: