2017年7月31日月曜日

おなかすいたー

(ほぼ)月刊(になってしまった)武蔵野水族館、今回は展示物たちのオネダリの図です。
フトアゴヒゲトカゲ、キロ。カウンター越しに「なあオヤジ、飯はまだか?」
ちょっとでも餌の気配を感じると鼻先でガラスをドカドカ叩いてきてうるさいです。
餌は配合飼料中心。コオロギや野菜も与えています。
デザートのチンゲン菜を食べているところ。茎をとって半分に裂いた葉っぱを食べる豪快さんです。(刻まなくていいので楽させてもらっている)

うるさいといえばクサガメ(名無し)。ドカドカビチャビチャ、納得するまで泳ぎまくります。
餌はフリーズドライしたイトミミズと死なせてしまった魚

カエルでないのにジャンプして捕食するオビタイガーサラマンダー(名無し)。
さし水だろうが館長の指だろうがとりあえず噛んできます。ただ後者の場合咥えた直後に「ペッペッ、まずっ
という態度を露骨に取るようになってきました。
餌はコオロギ。最近はドライイトミミズも食べるようになってきました。

ヒョウモントカゲモドキのとらお。いつもは細目ですが、水槽のフタを開けるとこの通り。いきなり冴えた顔になります。
ただ、若干神経質で餌のコオロギの触覚や脚が目に触れると機嫌を損ねてしまい半日ほどハンストします。

アカハライモリ(名無し)。おねだりは他種と比べて地味ですが、4匹+ハナダイモリ2匹+ドジョウ1匹と雑居しているため、与えたらバトルロイヤルを開始します。
冷凍アカムシを与えていたのですが最近は解凍が面倒くさくなって専ら配合飼料です。

ヌメアシナシイモリのモコちゃん。おねだりのタイミングが微妙で、専ら一通り食べてから「おかわりは?」
カメ用のレプトミン(小)が好物というコスパの良さを誇ります。もう少し大きくなったらコオロギとかも与えてみようかと。


最後に…
第3&第4学芸員おねだりの図。正直展示物と大して変わらないような気が…

0 件のコメント: