2015年7月26日日曜日

新餌導入・キオビヤドク編

先日、導入早々成功を収めたゼリー状エサ、"GRUB PIE"ですが、例の「エサやりくん」(参號機)との組み合わせで本命のキオビヤドクガエルに与えてみました。
【上げる前の準備】
・口のサイズに合わせて小さくちぎる
・小さいと振動板の上で動かないので乾燥するまで放置する。
本当はゼリーがブルブル…と振動するのに反応してくれるのが理想なのですが、跳ね回らないと気づいてくれないので諦めて「干しました」。

【結果】
スイッチON後、5秒でやって来ました。「お、メシか?」
(ぼやけているのが振動しているエサです)
…いつもながらの強心臓で。

3秒も経たずにパクパク。あっさり成功。
(ちなみに第2学芸員<次女。小4>によれば右が「ててんちゃん」、左が「ててちゃん」だそうです)
これまでのエサとの比較で言えば、
GRUB PIE(準備がそこそこ楽。栄養バランスがとれている)
>>Pacman Food(ツノガエル様練り餌。練るのが面倒くさいし、イワシ臭い)
>>>>>淡水魚用配合飼料(最初から乾燥しているが栄養面で不安)

「乾燥しないと跳ねまわってくれない」という問題ですが、
・モーターの電圧を上げるべき か
・エサをもう少し固めのゼリーにするべき か
…と考えた結果、後者にしてみることにしました。
 粉:水=1:2〜3にしたら崩れやすくてフトアゴとかも食べにくそうだったので、
 粉:水=1:1.5〜2くらいにしようかと。


おまけ。安眠中の「ててんちゃん」。葉っぱの上が好き。
相棒の「ててちゃん」は地面で寝てています。

【追申】
「ラベル」(記事の分類)の「両生類」を2015年から
・水棲有尾類
・陸棲有尾類
・無尾類(カエル)
・無足類(アシナシイモリ)
に分けることにしました。時間が許せば過去記事も修正しようかと思います。

3 件のコメント:

シゲル さんのコメント...

「エサやりくん」,大活躍ですね。
両生類,爬虫類に有効ってスゴイです。
活きエサじゃないとムリ!だった生体飼育が
身近になる,スゴイアイテムです。
キョーリンとか,GEXとか,KOTOBUKIにニッソー(マルカン?)
あたりが買ってくれるレベルかと。
飼育が難しい種類も,これがあればかなり多くの種類が
クリアできそうですね。

次バージョンとして,名前だけ考えました。
「クエクエくん」

まるまる太りそうな名前でしょ?

sabcy さんのコメント...

グラブパイ 成功おめでとうございます
固さ調整 必要そうですね がんばってくださいw

ててちゃん ててんちゃん 大きくなりましたか?
立派な体躯も エサやり君のおかげですねwww

Kuzure Josipovic さんのコメント...

>シゲルさん
いや、成功したのはキオビヤドクガエルだけです(汗)
他の連中は…並かそれ以上に繊細な神経の持ち主なので驚いて近寄らないでしょうね…
無音で振動させる機構が実現すれば大手メーカーに売りつけられるかもしれないですが、
残念ながら当方文学部卒につきそこまでの技術力がございません。

>sabcyさん
固さ調整にすぐにでも手を付けたいのですが、これまで作った分を処分するのも勿体無く…
キオビヤドクコンビ、確かに一回りデカくなりました…腹が。
代謝が高くよくフンをするので大丈夫かと思いますが、「与えすぎ」に陥らぬよう気をつけます。