2015年1月19日月曜日

ブラック職場(石巻貝と有尾類)

やはり最強のコケ取り要員はイシマキガイだよなぁ、と改めてアカハラ&ウパ水槽に投入。



…あー、「使用前」の写真を撮っておけばよかった。コケだらけの水槽もピッカピカに今ならお得のご奉仕価格!!てな洗剤の実演販売をやりたくなるくらいに素晴らしい仕事ぶりを披露。真っ茶色だったアカハラ水槽の内壁が約1週間で見事に透明になりました。

ウパ水槽でも活躍中なんですが…
何か犯人ぽい人がこちらをじっと見つめています。堂々と出てこんかい!

ガイシャの検分を続けてみましょう。
なんと空だけ残して柔らかいところを「チュルッ」とやられております。
こんな器用なワザを披露できるのはやはり「凶ちゃん」(さっきこっち見ていた人。前科無数)しかあり得ないと思いました。

【急募】清掃係 by武蔵野水族館
・社宅あり
・職住一致のため通勤時間実質ゼロ
・報酬は現物支給
・有給等は個別に相談
・明るい職場です が、時々命の危険にさらされます。


にほんブログ村 その他ペットブログ 両生類へ
にほんブログ村

4 件のコメント:

シゲル さんのコメント...

実は,家内の実家が海の近くでして,近所の川でいくらでもイシマキ貝が採れます。大きい貝は寿命も残り少ないので,3ミリくらいのを捕まえてきて,もう5年は働いてくれています。こいつら,コケが少ない水槽だとすぐに餓死しちゃいますね。うち,90cm水槽でも3匹維持するのが難しいです。あ,ウチにはちゅるちゅるするヤツはいないんですけどね。

Kuzure Josipovic さんのコメント...

>シゲルさん
素直に、羨ましいです。
あの貝って、河口の汽水域で誕生して何キロ先の上流まで遡上したりするかなりなタフガイ(←結果として洒落)だったりするんですよね。
当館の彼らの天敵はウパとシマドジョウです。前者は不思議スキルでチュルチュルしますし、後者は身体の細さを利用して堂々と潜り込んでくるので油断がなりません…

moi さんのコメント...

自分は頑丈なタニシ派でしたが、イシマキ導入考えてみます! そして、相変わらず崩れさんの文章が良い味出てますね(^-^)文才があって羨ましいです。

Kuzure Josipovic さんのコメント...

>moiさん
むかし住んでいたところの隣の公園の池に売れるほどタニシがいたので引越しの時にかなり連れてきたのですが、「鼻先でひっくり返されてチュルチュル」で壊滅したのでイシマキに転向しました。
繁殖できるのは魅力なんですけれどねぇ、タニシ。