2015年1月9日金曜日

深刻なトラブル(レッサーサイレン)

ヒョウモントカゲモドキの婿入り・同居が上手くいってホッとしたのもつかの間、
レッサーサイレンの「うなぎ」(大)が「どじょう」(小)を噛みまくっていたという、
とんでもない不祥事が発覚しました。

もともと「どじょう」は狭いところが大好きで、砂利の擦り傷が絶えず、今回もそんな感じかと油断していたら食欲がなく、「これは変だ」とよく観察したら
右腕が殆ど千切れて水カビがはえていました
上下の写真から一目瞭然の通り、まさに、「満身創痍」です。
超特急で
・別水槽を立ち上げ、
・水カビをむしりとり、
・食塩+マラカイトグリーンで消毒
の措置を施した結果、水カビの拡大(最悪、前身にまわってゼリーみたいになって果てる)は何とか食い止めたようです。しかし、食欲は回復しておらず油断できない状況です。

運良く回復できたとしても、今後「うなぎ」との同居は無理でしょう。
うなぎでーす」「どじょうでーす」ネタも去年で打ち止めか…

さて、なぜ「うなぎ」が凶暴化したのかが謎として残ります。
このところ急に大きくなってきているので秘めた野生が爆発したのかもしれません。
(そういや、最近エサやるたびにビッチャンビッチャン跳ねまくるので油断がならない)
うーん… 何か憎々しげにみえる…
どちらも当館の欠け難い重要メンバーなのですが…


にほんブログ村 その他ペットブログ 両生類へ
にほんブログ村

7 件のコメント:

シゲル さんのコメント...

人間でも本能的に「こいつのヤったら負ける」って感じるじゃないですか(笑)。
動物はもっと敏感でしょうね。きっと体格に差が出てきて,「オレのほうが強い」⇒「こいつはエサ」に認識がチェンジしたのではないかと。うちはアカハラ,マダラ,ファイヤの全てが多頭飼育なので,共食いが起きないようにするのが大変そうです。

BOA.NOTEの管理人 さんのコメント...

わ、これは悲しいですね・・・。早く治りますように。

シゲルさんの仰るように、やはり一瞬食べ物に見えたのかな。それと、水棲の有尾類で、実は縄張り意識がけっこう強い種も居るみたいなので(アシナシがそうだとは聞いたことがないですが)、彼らも実はお互い密かにムカついてて、一方が大きくなったのを期にもう一方を排除しようとした、という可能性もありえますね。

BOA.NOTEの管理人 さんのコメント...

×アシナシ → ○サイレン の間違いでした、訂正いたします。

sabcy さんのコメント...

ドジョウさん 大丈夫ですか?

新年早々 大変でしたね
迅速な処理のおかげでしょうね
大事にいたらななかったようで よかったです

そいや 初コメントですよね

あけましておめげとうぼざいます
今年も宜しくお願い致します

はやくサイレンさん回復しますように。。。

moi さんのコメント...

自分もキスジフトイモリで雌雄やりあって同じ様な感じになりました。自分の場合は治療のかいなく落としてしまいましたが、水カビが止まったのであれば後は食欲ですね。食欲さえあれば回復も早いのが両生類ですからね。お大事にしてください。

Kuzure Josipovic さんのコメント...

>皆様
あっという間に多くのお気遣いのコメントを頂き真に有難うございます。

>シゲルさん
たぶんご見解の通りだと思います。アカハラ・ハナダは体格差が出にくいのと隠れ場所の設置で「腕千切り事件」が1件ずつ発生したあとは、なんとかトラブル回避できているのですが…

>BOA.NOTEの管理人 さん
悲しい、というか残念です。どこかでグレーターは同居向きではないと書かれていましたが大きくなったレッサーサイレンも同様だったようです。何よりも、飼い主(館長)の油断がマズかったです。

>sabcyさん
今年もよろしくお願いします!
まだ食欲が回復していない・カビがヒラヒラみえる(見つける度にピンセットで取る)ので油断できない状況です…

>moiさん
まだ水カビの「根」が残っているようで、塩分濃度を下げた途端に広がりそうな気配があります。おそらくサイレンの気分的にもこれが何とかならないと食欲など起こらないかと。幸いにも、これまでよく食べてそれなりに肥えておりますのでこの時期なら1ヶ月くらいの絶食は乗り越えられるかと思いますが、予想外の原因が忍び寄っていることもあり得るので全く楽観はしておりません。

ウッパさん、ルッパさんひろきママ さんのコメント...

どじょうさんはやくよくなるといいですね。
第3回、楽しく見せていただきました。3人がそろったというととは、次回…
週末は、ウッパさん脱肛事件にてお騒がいたしました。m(__)m