2014年12月5日金曜日

大掃除(大人ウパ)

何度掃除してもしばらくするとコケだらけになるウパ水槽、
懲りずに改めて大掃除しました。


・中性洗剤でゴシゴシ→すすぎ→日光にさらす
と毎度かなり徹底して洗っているのですが、どっからかやってくるんだよなぁ、コケ。
隣の魚水槽とかは綺麗なのに。
ベアタンクにしてからバクテリアに食われないためか一層繁茂するようになっちゃいました。(ウ●コ掃除は楽になったが…)

そこで、今回は対策をしてみることに。
投げ込み濾過器を大磯砂に埋めて設置
→いつもお世話になっているリンク先様の工夫を頂きました。
 そういやこれ、熱帯魚屋さんでよく見ますね。大いに期待しております。

なんとなく、使わなくなった陸棲種用のシェルターを入れてみたら、さすがに
「何かが違う…」
と思ったらしく、この後は外に出ていました。子供ウパ用に移設しましょう(笑


何か強者Blogが殴りこみをかけてきました!
『両生類』与し易し がバレちゃったようです
"IN"(このページをポチ)は変化ないですが"OUT"(ブログ村からポチ)の順位が激変しております。
にほんブログ村 その他ペットブログ 両生類へ
にほんブログ村

6 件のコメント:

シゲル さんのコメント...

こんばんは。この濾過方式,アクアではメジャーですね。ウパ,出すものが大きそうで,濾過が大変そうですね。普通の生物濾過では追いつかなさそう。水槽が多数なら,OFくんで,まるっと換水頻度をあげるほうがよいかも。ただ,これだと趣味から工場になっちゃって,楽しくなくなるかも。シゲル部屋はブロアの配管の塩ビ管が張り巡らされていて,ヨメは工場みたいだといいます。トータル1000Lの水槽は全てブロア1個で濾過しとります。

Kuzure Josipovic さんのコメント...

>シゲルさん
アカハライモリという頑丈な種でアクアデビューしたせいか、基礎知識がかなりすっ飛んでおり恥ずかしい限りです。たしかに、専門店(魚)ではよく見ますね。
何せ賃貸マンションの六畳一間なんで「工場」はとても無理です(´・ω・`)
ウ●コは本当にドッカンドッカン豪快に出してくれるので、生物濾過は諦めています。見つけ次第サイフォンで吸い出してますが、学芸員から「汲みとりおじさん」と言われてしまいました。

でも、クーラーはそれ自体のお値段・電気代のこともあって、アルミパイプで冷水を通過させる方法で複数の水槽をつないで1台で冷やしていました。で、今度はカミさんに「なんとかサティアンみたい」と言われたりして。

moi さんのコメント...

掃除お疲れさまでした! 自分は熱帯魚…というか水草育成からのアクアデビューでした。昔は苔対策、水質、温度との戦いでした(笑)

埋め込み+週間の水換えで、自分の所はコケは未だ見ていません。日当たりの悪い場所というのもあるかもしれませんが(汗)

Kuzure Josipovic さんのコメント...

>moiさん
有難うございます。
日光直撃はコケを通り越して「みどりのいろみず」化するので(学校教室の金魚水槽でよく見ます)、部屋の奥に置いていたんですが、茶ゴケが凄く元気で悩まされていました。
とりあえず今回の「埋め込み」でどこまで行くか注意深く見守ってみます。失敗だったら来週辺りに結果報告が…

BOA.NOTEの管理人 さんのコメント...

たまに生き物の世話を手伝ってる、地元動物園の日本オオサンショウウオや、ヘルベンダー水槽ですが、茶ゴケ絶賛繁茂中です。対応策は「ない」そうです(笑)。厳密に言うと、2日にいっぺん物理的に水槽内壁をこする事位・・・、、、でも沢山頭数飼育していたら難しいですよね。人間の用意した環境下だと、総水量に対して特定種の個体数が常に多すぎるのが問題の根源だそうです(ンなこと言われてもって感じですが)。

「汲み取りおじさん」に爆笑しましたが、ここにも汲み取り仲間がおりますよ~。って、あまり慰めになっていないような気がいたしますが(笑)

Kuzure Josipovic さんのコメント...

>BOA.NOTEの管理人 さん
茶ゴケは一度勢いづくともうリセットするしかありません。ただ、人工灯(蛍光灯とかLEDとか)との相性はイマイチらしく、日光が直射しない部屋奥の方は発生が遅めなので早期対応する余地はあるようです。

「汲みとり」については
「言うこと聞かんと『お姉さん』や『お嬢さん』に任命するぞっ」
と脅したらその後不自然なほどに従順になりました。
とんでもないことで躾けているなぁ…